あうろーブログ

アウトローにもなれないアラフォー男子がお届けする音楽まとめと読書感想

【読書感想】西加奈子さん著「舞台」恥ずかしいと思ってしまうのは自意識のせい、このやっかいな自意識に苦しむ人間のサガを描いた作品

スポンサーリンク

西加奈子さん著「舞台」

 

内容(「BOOK」データベースより)

29歳の葉太はある目的のためにニューヨークを訪れる。初めての一人旅、初めての海外に、ガイドブックを暗記して臨んだ葉太だったが、滞在初日で盗難に遭い、無一文に。虚栄心と羞恥心に縛られた葉太は、助けを求めることすらできないまま、マンハッタンを彷徨う羽目に…。決死の街歩きを経て、葉太が目にした衝撃的な光景とは―。思いきり笑い、最後にはきっと泣いてしまう。―圧倒的な面白さで読ませる傑作長篇。 

 

おもしろくて一気読みだった。

 

平易な文章でサクサク読める短めの長編。

帯の宣伝文句を見て、青春文学で若者の心の葛藤を描いた作品なのかなと思って読み始めた。 

違った。

いや、違ってはいないんだけど、若者だけじゃなくて老若男女全ての人間のサガについて描いていると感じた。

 

どんなサガかというと…

 

他人の視線を勝手に気にして恥ずかしいと思う。

恥ずかしくならないように上手く演じる。

そんな風に演じている自分が恥ずかしい。 

 

じゃあ。

葉太は思った。

俺は、どうすればいいんだ。 

 

という心の中の葛藤だ。

 

自意識過剰の過剰がどこからのラインかはわからないけど、こういう自意識による心の葛藤は誰でもあると思う。だからぼくはこの小説を"若者の心を描いた青春文学"とは思えず、老若男女全ての人間について描いてると思った。

 

後半の盛り上がりは結構すごい。軽いタッチのままいくかと予想して読んでたけど、予想外に重い展開。惹きこまれた。

主人公が自分で自分を追い込んでく。いわゆるメンヘラ状態になる。その描き方がすごい。でも読後感は悪くない。

 

この作品は、太宰治の「人間失格」と海外旅行のガイドブック「地球の歩き方」が、物語の道具として使われている。どんなものかを知っていたほうがこの作品をより楽しめると思う。

 

 

そうなんだよな〜 自意識のせいで自分で勝手に苦しんじゃうんだよな〜 

 

関連記事

 

oulaw.hatenablog.com

 

oulaw.hatenablog.com

 

oulaw.hatenablog.com

 

oulaw.hatenablog.com

 

oulaw.hatenablog.com

 

oulaw.hatenablog.com

 

oulaw.hatenablog.com

 

oulaw.hatenablog.com

 

 

 

とりあえず…

今日は生きるつもり。

 

 

ツイッターやってます。ブログ更新通知出してます。