あうろーブログ

アウトローにもなれないアラフォー男子がお届けする音楽まとめと読書感想

【読書感想】小川洋子さん著「ブラフマンの埋葬」(泉鏡花文学賞)タイトルで結末わかってるのに、おもしろくてすごくつらいとは…

スポンサーリンク

小川洋子さん著「ブラフマンの埋葬」(泉鏡花文学賞受賞作品)

 

  

1〜2時間で読める短めの小説。

すごくおもしろかったし、読んでよかったと思う。と同時に…

結末がつらいのでもう一度読むのはちょっとカンベン…とも思った。(少なくとも読んだ直後は。そのうち気が変わる可能性大。)

 

主人公がブラフマンと名付けた小動物。

なんの動物か最後まで明かさず(というか現実にいない。リスあたりが近いイメージかな?)、読者の想像に委ねてるのがおもしろい。

タイトルが「ブラフマンの埋葬」なので、結末もわかってる。これもまたおもしろい。

 

美しい情景が目に浮かぶ。けど、すごーく残酷な話。

別に残虐とか残忍といった方面ではなく、普通の中にある人間の残酷さ、運命の残酷さを描いてる。

 

全然美しくない。

 

違うな。"美しくて残酷な世界"かな?

 

いや。"美しさの中にある残酷さ"かな?

 

う〜ん。なんとも言えない。

 

結末がわかっているのにおもしろくて一気に読ませてくれる。

読み進めるうちにどんどん「これでその結末にいくの? ちょっとそれは… そんな結末やめてくれー」と思う。

そして最後に、覚悟してた以上に感動とダメージを与えてくれる。

 

音になりきってない「お」と「あ」の間くらいのため息が思わず出る感じ。

 

たしかに文章は重くないけど、実はけっこう重くない?

 

小説ならでは、文学ならではの世界を味わえる作品でした。。

 

関連記事

oulaw.hatenablog.com

 

oulaw.hatenablog.com

 

oulaw.hatenablog.com

 

 

 

とりあえず…

今日は生きるつもり。

 

 

ツイッターやってます。ブログ更新通知出してます。