読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あうろーブログ

アウトローにもなれないアラフォー男子がお届けする音楽まとめと読書感想

【読書感想】香山リカさん著「うつで困ったときに開く本」読んだら不安が少し軽くなった

スポンサーリンク

香山リカさん著「うつで困ったときに開く本」

 

うつに関するさまざまな疑問にQ&A形式で答える内容になっている。素人向けの本なのでとても読みやすい。

 

有名な本「しがみつかない生き方」や、テレビで勝間和代さんと対立してる演出のような、持論を強く展開する感じではない。

 

あくまで"現在の診断基準がこうなっている"ということを提示して説明してくれている。根拠の乏しい説がない分、こうすればいいという答えもくれていない。ケース・バイ・ケースということを説明してくれている。そしてそのケースをしっかり書いてくれているので、わかりやすく安心できる。

 

特に最終章は、「うつ病は遺伝するの?」「大酒飲みの人は、うつになりやすいの?」「失恋が原因でうつになることはあるの?」「古代社会でもうつは大問題だったというのは本当?」など、タイトルがとても魅力的だ。実際書かれている内容もおもしろい。

 

古代社会のうつについての参考文献で提示してくれている、野村総一郎氏の「うつ病の真実」という本も、ぜひ読んでみたい。"紀元前からうつ病があったと考えられる"というのはおもしろい。

 

著者は前書きで「知ることで漠然とした不安が少しでも軽くなれば〜」と書いている。おっしゃるとおりで、読んだら不安が少し軽くなった。

 

ぼくが知りたかった適応障害うつ病の違いも説明してくれている。

 

この本は読んでよかった。

 

関連記事

oulaw.hatenablog.com

 

 

とりあえず…

今日は生きるつもり。

 

 

ツイッターやってます。ブログ更新通知出してます。