読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あうろーブログ

アウトローにもなれないアラフォー男子がお届けする音楽まとめと読書感想

【give 人 物】ボン・ジョヴィ「Something For The Pain」

スポンサーリンク

洋楽のサビがもし気に入ったら丸ごと覚えよう!

という、おそろしく効率の悪い英語の勉強です。

英語の勉強がはかどらない全ての方に捧げます。

(書いている人はしがない元塾講師、選曲は完全なる個人的嗜好です。)

 

☆ ☆ ☆

 

ボン・ジョヴィSomething For The Pain」

 

まずサビまで聴いてみよう!

 

 

www.youtube.com

 

 

 

「悪くないな」と思ったら先も読もう!

 

 

■お勉強

 

give 人 物:「人に物をあげる」という意味。物と人の順番を変えると、"give it to you" のように人の前にtoが必要になる。順番が大事。

 

Give me something for the pain.

 

このサビの先頭文に対して、全くもって美しくない直訳をすると…

 

「私に痛みのための何かをください」

 

う〜ん ヒドい日本語(苦笑)

 

 

■サビの歌詞全文と直訳と(意訳)

 

Give me something for the pain

私に痛みのための何かをください(苦しみに効くものが欲しい)

Give me something for the blues

私に憂鬱のための何かをください(憂うつに効くものが欲しいんだ)

Give me something for the pain when I feel I've been danglin'from a hang-man's noose

私が首つり縄をだらりとぶらさげているように感じるとき、私に痛みのための何かをください(首つりもできないような中途半端な苦しみが消えないときに、ぼくを救ってくれるものは何かないのか?)

Give me shelter from the rain

私に雨の避難場所をください(雨宿りできるシェルターが欲しい)

Give me something I can use to get me through the night

夜をやり過ごすために私が使うことができる何かを私にください(このままだと夜をやり過ごせないんだ。何かないと…)

Make me feel all right

私が元気と感じるようにしてください(元気になりたいんだよ)

something like you

あなたのような何か(君みたいな何かがぼくに必要なんだと思う)

 

 

この曲がとても気に入って、歌詞の意味全部知りたい!と思ったら、ネットで検索しよう。心ある方々が全文和訳をしてくれているかも。

 

楽しくなっちゃったら自分なりの意訳をしちゃおう。イケてると思ったらブログをはじめて公開しちゃおう。そこまではまだ…と思ったらこのブログのコメント欄に投稿しちゃおう。

 

ついでに発音もマネしてみよう!

 

 

See you soon.(あとでagainに書き直すかも)