あうろーブログ

アウトローにもなれないアラフォー男子がお届けする音楽まとめと読書感想

【読書感想】中村航さん著「僕の好きな人が、よく眠れますように」赤面しちゃうおもしろさ

スポンサーリンク

 

 中村航さんの「100回泣くこと」がおもしろかったので、こっちも読んでみた。

 

僕の好きな人が、よく眠れますように (角川文庫)

 

☆ ☆ ☆

 

青春恋愛小説。

若者同士の出口の見えない純愛。

倫理道徳上問題がある恋愛なんだけど、ドロドロせず爽やか。倫理道徳なんてクソくらえとあっけらかんとしているという意味ではない。倫理道徳わかっちゃいるけど純粋な好きが止まらないということ。

 

主人公とヒロインの会話がすごい!

読んでるこっちが赤面してしまう。

"バカップルぶりがすごい"ということ。

そうはいっても男のロマンだ。

男はいくつになってもこんな会話がしたい。

ぼくはたぶんニヤけて鼻の下を伸ばしながら読んでた。

あっ、性的描写はないですよ。

 

男性が求める女性像の1つのパターンが描かれてるので、男性に好かれる方法を探している女性の方々にとって、ある種の参考書になるかもしれない。小説の本来の役割と違うけど…

 

ハッピーエンドでもアンハッピーエンドでもないので、アンハッピーエンドが苦手な方でも全然大丈夫。

ラストシーンは読者がいかようにでも解釈できる仕立て。ぼくは作家さんの意図とドンピシャでハマった感が得られなかったけど、そういう違和感もまたおもしろい。

 

しかしぼくも女性とこんな会話してみたい。

 

してみたい。。。

 

関連記事

oulaw.hatenablog.com

 

oulaw.hatenablog.com

 

 

とりあえず…

今日は生きるつもり。

 

 

ツイッターやってます。ブログ更新通知出してます。