あうろーブログ

アウトローにもなれないアラフォー男子がお届けする音楽まとめと読書感想

【関係代名詞 who】アリアナ・グランデ「One Last Time」

スポンサーリンク

洋楽のサビがもし気に入ったら丸ごと覚えよう!

という、おそろしく効率の悪い英語の勉強です。

英語の勉強がはかどらない全ての方に捧げます。

(書いている人はしがない元塾講師、選曲は完全なる個人的嗜好です。)

 

☆ ☆ ☆

 

アリアナ・グランデ「One Last Time」

 

まずサビまで聴いてみよう!

 

www.youtube.com

 

 

 

「悪くないな」と思ったら先も読もう!

 

 

■お勉強

 

関係代名詞 who:人を表す単語のうしろにくっつけてどんな人かを説明できる便利な技。英語を訳す勉強だと難しいと感じるけど、英語をつくるとなったら「こりゃ便利だ!」と思うはずです。

 

So one last time, I need to be the one who takes you home

 

このサビの先頭文に対して、全くもって美しくない直訳をすると…

 

「だから最後にもう1度、私はあなたを家に連れてくる人になることが必要だ」

 

う〜ん ヒドい日本語(苦笑)

 

 

■サビの歌詞全文と直訳と(意訳)

 

So one last time

だから最後にもう1度(だから最後にもう1度だけ)

I need to be the one who takes you home

私はあなたを家に連れてくる人になることが必要だ(あなたを私のところに連れて帰りたいの)

One more time

最後にもう1度(もう1度だけでいいから)

I promise after that,  I'll let you go

私はそのあとに約束する、私はあなたを行かせることを(約束する それであなたを手放すってことを…)

Baby, I don't care if you got her in your heart

私はあなたがあなたの心に彼女を抱いてるかどうかは気にしない(あなたの心が彼女のものでもいいの)

All I really care is you wake up in my arms

私が本当に気にする全てのことは、あなたが私の腕の中で起きることだ(ただ私の腕の中で目覚めてほしいの)

One last time

最後にもう1度(最後にもう1度…)

I need to be the one who takes you home

私はあなたを家に連れてくる人になることが必要だ(あなたを連れて帰りたいの)

 

 

 

この曲がとても気に入って、歌詞の意味全部知りたい!と思ったら、ネットで検索しよう。心ある方々が全文和訳をしてくれているかも。

 

楽しくなっちゃったら自分なりの意訳をしちゃおう。イケてると思ったらブログをはじめて公開しちゃおう。そこまではまだ…と思ったらこのブログのコメント欄に投稿しちゃおう。

 

ついでに発音もマネしてみよう!

 

 

See you soon.(あとでagainに書き直すかも)