あうろーブログ

アウトローにもなれないアラフォー男子がお届けする音楽まとめと読書感想

【as long as〜するかぎり】レニー・クラヴィッツ「I’ll Be Waiting」

スポンサーリンク

洋楽のサビがもし気に入ったら丸ごと覚えよう!

という、おそろしく効率の悪い英語の勉強です。

英語の勉強がはかどらない全ての方に捧げます。

(書いている人はしがない元塾講師、選曲は完全なる個人的嗜好です。)

 

☆ ☆ ☆

 

レニー・クラヴィッツ「I’ll Be Waiting」

 

まずサビまで聴いてみよう!

 

www.youtube.com

 

 

「悪くないな」と思ったら先も読もう!

 

 

■お勉強

 

as long as:「〜するかぎり」という意味。as far asと似てる。違いは以下。

 

as long as:〜という条件において

as far as:〜の範囲において

 

↑わかりづらいから、文章ごと覚えちゃったほうがおすすめ。違いが気になる方はネットで調べてみよう。

 

 

As long as I'm living

 

このサビの先頭文に対して、直訳をすると…

 

「私が生きているかぎり」

 

 

 

 

■サビの歌詞全文と直訳と(意訳)

 

As long as I'm living

私が生きているかぎり(ぼくが生きているかぎり)

I'll be waiting

私は待っているつもりだ(待ち続けるよ)

As long as I'm breathing

私が息をしているかぎり(ぼくの息が止まらないかぎり)

I'll be there

私はそこにいるつもりだ(そこにいるよ)

Whenever you call me

あなたが私を呼ぶときはいつでも(君がぼくを呼ぶときまで)

I'll be waiting

私は待っているつもりだ(ずっと待ってるよ)

Whenever you need me

あなたが私を必要とするときはいつでも(君がぼくを必要としてくれるそのとき)

I'll be there

私はそこにいるつもりだ(ぼくはそこにいる)

 

 

 

 

この曲がとても気に入って、歌詞の意味全部知りたい!と思ったら、ネットで検索しよう。心ある方々が全文和訳をしてくれているかも。

 

楽しくなっちゃったら自分なりの意訳をしちゃおう。イケてると思ったらブログをはじめて公開しちゃおう。そこまではまだ…と思ったらこのブログのコメント欄に投稿しちゃおう。

 

ついでに発音もマネしてみよう!

 

 

See you soon.(あとでagainに書き直すかも)