あうろーブログ

アウトローにもなれないアラフォー男子がお届けする音楽まとめと読書感想

【読書感想】スコット・フィッツジェラルド著 村上春樹さん訳「グレート・ギャッツビー」人生で3冊買って6回以上読んでるけど、いつ読んでも裏切らない

スポンサーリンク

ぼくは村上春樹さんの作品が大好き。村上春樹さんのおかげで知ったのがこの作品。

まだ村上春樹さんが訳す前に出版されていた野崎孝さん訳で20年前くらいに読んだ。

そして、村上春樹さん訳が2006年に出版され、出版直後に読んだ。

そして今回また読んだ。

 

人生で3冊買って6回以上読んでるけど、いつ読んでも裏切らない。

 

おもしろい!

 

"読むたびに新しい発見がある" というよりは、"読むたびに前よりさらにおもしろさがわかる"みたいな感じ。

 

陳腐な言葉だけど、"不純なことをやらざるをえない純粋な愛" を描いた作品。

 

ぼく個人の感想では、太宰治さんと同じカテゴリー。

 

大好物カテゴリー♪

 

 

これから読まれる方で、翻訳ものを読み慣れてない方は、村上春樹さん訳のほうがいいと思います。読みやすいので。

 

ノーベル賞をとったヘミングウェイは最近評価落ちてきたけど、フィッツジェラルドは評価され続けてる」ってどっかに書いてあった。

 

評価うんぬんはぼくにはわからないけど、確かにヘミングウェイは今読むとちょっと古くさい匂いがする(気がする)。それでもヘミングウェイの短編はとってもおもしろい!

 

たまには翻訳ものもいかが?

 

関連記事

oulaw.hatenablog.com

 

 

とりあえず…

今日は生きるつもり。

 

 

ツイッターやってます。ブログ更新通知出してます。