あうろーブログ

アウトローにもなれないアラフォー男子がお届けする音楽まとめと読書感想

【読書感想】中村航さん著「100回泣くこと」ボロ泣きでした…すごくおもしろい

スポンサーリンク

最初に中村航さんの「夏休み」という小説を読んだ。 

おもしろいんだけど「なんかな〜もうちょっと人物の内面を描いてくれたらな〜」という著者に対する要望が出てしまう、読後感がモヤモヤする感じだった。

 

その後、同じ中村航さんの「100回泣くこと」を読んだ。

 

これはすごーくおもしろい!

 

そのまま映画化できるような王道中の王道ストーリー。

 

ここまで書いて「あれ?もしかして映画化されてるかも」と思ってググったら映画化されてた。知らなかったもので…(汗)

 

よくこんな王道で勝負できるなあという、おそろしくシンプルなストーリー。

 

でもすごーくおもしろい!

 

とにかく涙腺を刺激してくれます。

 

前半部分は穏やかな感じだけど、そこで何度か涙腺刺激ポイントがある。

 

来るぞ来るぞって感じじゃなくて、突然「ほれ」と突っつかれて即「タラー」みたいな感じ。

 

これはそうそう味わえない感じで新鮮。

 

すごい!

 

後半はいわゆる"泣かせる映画"と同じレベルで、涙腺を刺激し続けるというよりも、涙腺のストッパーをずーっと開けられてる感じ。

 

文章自体は終始穏やかな感じなんだけどね。不思議…

 

泣かされるけど、うつ状態のぼくが読んでも全然大丈夫だった。

 

これから読まれる方は、ネタバレありのブログとかを見ずに読みましょう。

 

関連記事

oulaw.hatenablog.com

 

oulaw.hatenablog.com

 

 

とりあえず…

今日は生きるつもり。

 

 

ツイッターやってます。ブログ更新通知出してます。