読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あうろーブログ

アウトローにもなれないアラフォー男子がお届けする音楽まとめと読書感想

洋楽をマネするための英語発音講座

スポンサーリンク

英語の発音。耳で聴いてマネするのが一番。

小さい子供だとあっという間にマネできちゃう。

だけど、ある程度歳をとるとなかなか難しい。

 

なので…

 

日本語にない発音の代表的なものについて、発音の仕方を書きます。塾講師をやっていたときに一応上手くいった説明です。文章で書くとえらいめんどくさいことになりますが、一旦マスターすればなんてことありません。しかも英語だって地域によって発音が違うから、そんなに完璧にする必要なんてないです。

 

■F,V(find,friend,fall,have,visit,foreverなど)

上の前歯(中央2本くらい)で、下唇を軽く噛みます。

下唇の上に前歯が置かれている状態。

この状態から息を吐き出しはじめます。

でも前歯でふさがっているので、息が歯の間からしか外に出ません。

スーっていう音がするはずです。

そこから前歯と下唇を外すと、f,vの発音になります。

 

 

■R(run,dream,story,very,friend,foreverなど)

日本語のラを発音する準備をしてください。

すると舌が上顎の真ん中らへんにべったりくっついているはずです。

そこから口を上下に広げて舌と上顎に隙間をつくってください。

舌は動かしちゃダメですよ。

このとき舌はどこにもくっついていないけど、立っている状態です。

そこから舌は動かさず、上顎にくっつかないように口の中のスペースを大きくとったまま、日本語のウを発音するときのように口先だけをすぼめてください。

口先はすぼまっているけど、口の中は大きくあいていて、舌がどこにもつかずに立っている状態です。この状態が直前の準備状態です。

そこから舌を立てたままで、「ア」と言ってみると、「ra」になります。

もしうまくいかない場合は、すぼめた状態から声を出しはじめて「ゥア」って言ってみるとうまくいくかもしれません。

しつこいですが、言い終わっても舌は立ったままですよ。舌が立っている状態は最初から最後まで不動ですからね。

日本語の「ラ」というより「ア」と言ってるほうがまだ近い感じです。それでOKです。

 

 

■L(live,life,close,falling,love,belong,allなど)

 

日本語のラリルレロに近いという人もいますが、実は全然違います。

口の形は自然なままで、舌の先頭を上の前歯の裏にくっつけてください。

舌の先端をとがらせるんじゃなくて、力を抜いた状態でべちゃっとたっぷりくっつけます。

ここから口を開けて「ア」と言ってみると、「la」になります。

 

all,fall,stillのようにlで終わるときは、最後に舌の先頭を前歯の裏にくっつけます。

allだったら、オーと言いながら舌だけを動かして前歯の裏にくっつけて終わります。

オールの「ル」なんて存在しません。オーしか言いいません。

慣れるまでは最後ほとんど音になってないからやらなくてもいいんじゃないかと思いますが、慣れるとちゃんと聞こえます。あと次の音にいくときにその形からいかないとおかしなことになります。

 

一応見本を見つけたので貼ります。

一番最後に男性とキス寸前の状態でテイラー・スウィフトが「You belong with me」と歌ってます。ここの「belong」の「l」を言うときの舌の動きが見本です。

日本語でビロングと自分で鏡を見て言ってみると、全然違うことがわかると思います。

テイラー・スウィフト ホントかわいい!)

 

www.youtube.com

 

 

■TH(think,that,these,with,somethingなど)

 

自然な口の形から少し口を開いて、上の歯と下の歯の間に、舌の先頭を入れてください。強く噛んだりしなくていいですからね。痛いから(笑)

そこから舌と歯のくっつきをゆるめます。完全に離れないけど、歯の形がボコボコだから、その分あちこちに隙間ができてる感じ。

その状態で息を出すと、ほとんど塞がれてるけど少しだけスーっともれてる感じになります。

そこから舌を一気に引く(喉の側にひっこめる)と同時に「イ」と言ってください。

それがthinkのthi部分の発音です。

上手くできない人はおそらく日本語の「ティ」に近い感じになると思います。隙間が足りないからですが、ぼくが出会った中で、中国人と韓国人の方がよくこの「ティ」って感じの発音をしてました。日本語で「シンク」とか「スィンク」て言うよりもよっぽど通じるので、最悪「ティ」でもいいからこっちの発音をしましょう!

 

■aeのA(back,bad,can't,stampなど)

 

日本語のアとエの間くらいの感じの発音です。

ぼくらの頃(団塊ジュニア世代)学校では一生懸命説明はするけど見本を見せることができない先生ばっかりだった(苦笑)

 

ぼくはアとエの間くらいの音を出すという説明しかできないです。

この発音は、洋楽を聴いて発音をマネして覚えました。

とりあえず思いっきりこの発音が聴ける曲を貼っておきます。

 

www.youtube.com

 

 

以上です。

一旦マスターしちゃえば忘れないから、がんばってできるようにしちゃいましょう!

言えれば聞けるしね♪

 

Good luck!