読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あうろーブログ

アウトローにもなれないアラフォー男子がお届けする音楽まとめと読書感想

読書感想

【読書感想】中村文則さん著「私の消滅」暗いけど眠気をぶっ飛ばすおもしろさ

中村文則さん著「私の消滅」 最近出版された中村文則さんの最新作。 私の消滅 posted with ヨメレバ 中村 文則 文藝春秋 2016-06-18 Amazon 楽天ブックス honto やられた〜 おもしろすぎる! 前日寝つけなくて3時間しか寝れず、翌日1日仕事をした。 おかげで…

【読書感想】「池上彰と考える、仏教って何ですか?」短時間で仏教がどんなものでどんな歴史なのを教えてくれる本

池上彰さん著「池上彰と考える、仏教って何ですか?」 池上彰と考える、仏教って何ですか? posted with ヨメレバ 池上彰 飛鳥新社 2012-07-19 Amazon 楽天ブックス honto 前半は仏教がどんなものでどんな歴史なのかを解説、後半はチベットの高僧タムトク・リ…

【読書感想】まもなく上映 桃井かおり監督主演の原作 中村文則さん著「銃」に入ってる別の作品「火」という短編がおもしろい

中村文則さん著「銃」 銃 (河出文庫) posted with ヨメレバ 中村 文則 河出書房新社 2012-07-05 Amazon 楽天ブックス honto 内容(「BOOK」データベースより) 雨が降りしきる河原で大学生の西川が出会った動かなくなっていた男、その傍らに落ちていた黒い物…

【読書感想】これでもう苦しまない(仏教)耳が痛いけど幸せになれるかもと思える本

「これでもう苦しまない」 アルボムッレ・スマナサーラ(スリランカ上座仏教長老)著 これでもう苦しまない (学研新書) posted with ヨメレバ アルボムッレ スマナサーラ 学研パブリッシング 2012-01 Amazon Kindle 楽天ブックス honto 内容(「BOOK」データ…

【読書感想】宮下奈都さん著「太陽のパスタ、豆のスープ」大人になりきれてない感に共感しまくり

宮下奈都さん著「太陽のパスタ、豆のスープ」 太陽のパスタ、豆のスープ (集英社文庫) posted with ヨメレバ 宮下 奈都 集英社 2013-01-18 Amazon Kindle 楽天ブックス honto 内容(「BOOK」データベースより) 結婚式直前に突然婚約を解消されてしまった明…

【読書感想】森博嗣さん著「孤独の価値」ひとりぼっちはそんなに悪いもんじゃないと思える本

森博嗣さん著「孤独の価値」 孤独の価値 (幻冬舎新書) posted with ヨメレバ 森 博嗣 幻冬舎 2014-11-27 Amazon Kindle 楽天ブックス honto 内容(「BOOK」データベースより) 人は、なぜ孤独を怖れるのか。多くは孤独が寂しいからだと言う。だが、寂しさは…

【読書感想】小川洋子さん著「猫を抱いて象と泳ぐ」不思議な物語の世界にどっぷり浸れる、これぞ小説!これぞ文学!

小川洋子さん著「猫を抱いて象と泳ぐ」 猫を抱いて象と泳ぐ (文春文庫) posted with ヨメレバ 小川 洋子 文藝春秋 2011-07-08 Amazon Kindle 楽天ブックス honto 内容(「BOOK」データベースより) 「大きくなること、それは悲劇である」。この箴言を胸に十…

【読書感想】「都市の起源 古代の先進地域=西アジアを掘る」大昔から今みたいな都市があったんだ

「都市の起源 古代の先進地域=西アジアを掘る」 小泉 龍人 (著) 都市の起源 古代の先進地域=西アジアを掘る (講談社選書メチエ) posted with ヨメレバ 小泉 龍人 講談社 2016-03-11 Amazon Kindle 楽天ブックス honto 子供の頃「社会」があまり好きではなか…

【読書感想】角田光代さん著「対岸の彼女」だれかに肯定されたいと悩みながら一歩踏み出す素敵な物語

角田光代さん著「対岸の彼女」 対岸の彼女 (文春文庫) posted with ヨメレバ 角田 光代 文藝春秋 2007-10-10 Amazon Kindle 楽天ブックス honto 内容(「BOOK」データベースより) 専業主婦の小夜子は、ベンチャー企業の女社長、葵にスカウトされ、ハウスク…

【読書感想】三浦しをんさん著「舟を編む」紙のぬめり感がなつかしい…言葉の力や魅力を伝えてくれるあったかい物語

三浦しをんさん著「舟を編む」 2012年本屋大賞受賞作。 電子書籍化されている。 舟を編む (光文社文庫) posted with ヨメレバ 三浦 しをん 光文社 2015-03-12 Amazon Kindle 楽天ブックス honto 内容紹介 玄武書房に勤める馬締光也は営業部では変人として持…

【読書感想】池上彰さん著「世界を変えた10冊の本」宗教と科学と経済の歴史もわかるし読書熱もかき立ててくれる本

池上彰さん著「世界を変えた10冊の本」 電子書籍はkindleだけある。 世界を変えた10冊の本 posted with ヨメレバ 池上 彰 文藝春秋 2011-08-09 Amazon Kindle 楽天ブックス honto 池上彰さんが世界の歴史に大きな影響を与えたと考える本を1冊ずつ紹介して…

【読書感想】原田マハさん著「翔ぶ少女」震災を舞台にしたウルウル全開で温かい物語

原田マハさん著「翔ぶ少女」 ([は]9-1)翔ぶ少女 (ポプラ文庫) posted with ヨメレバ 原田 マハ ポプラ社 2016-04-05 Amazon 楽天ブックス honto 内容(「BOOK」データベースより) 1995年、神戸市長田区。震災で両親を失った少女・丹華は、兄妹とともに医師…

【読書感想】渡辺淳一さん著「遠き落日」金遣い荒いけど愛すべき野口英世の一生を描いた伝記的小説

渡辺淳一さん著「遠き落日」 野口英世の一生を描いた伝記的小説。 遠き落日(上) (講談社文庫) posted with ヨメレバ 渡辺 淳一 講談社 2013-12-13 Amazon 楽天ブックス honto 遠き落日(下) (講談社文庫) posted with ヨメレバ 渡辺 淳一 講談社 2013-12-13 A…

「その問題、経済学で解決できます。」堅苦しくなくて明るい気持ちになれる行動経済学の本

「その問題、経済学で解決できます。」 ウリ・ニーズィー/ジョン・A.リスト(著) その問題、経済学で解決できます。 posted with ヨメレバ ウリ ニーズィー,ジョン・A. リスト 東洋経済新報社 2014-08-29 Amazon Kindle 楽天ブックス honto 内容(「BOOK」デ…

まもなく上映の原作「植物図鑑」有川浩さん著 アマアマな恋愛小説なのに料理のレシピも付いてて一粒で二度美味しい

有川浩さん著「植物図鑑」 楽天とhontoで電子書籍がある。 植物図鑑 (幻冬舎文庫) posted with ヨメレバ 有川 浩 幻冬舎 2013-01-11 Amazon 楽天ブックス honto 2016年6月4日上映開始の映画の原作。 shokubutsu.jp www.youtube.com 映画化されるくらいだから…

【読書感想】宮下奈都さん著「窓の向こうのガーシュウィン」読まされる感じがたまらなく気持ちいい

宮下奈都さん著「窓の向こうのガーシュウィン」 最近「羊と鋼の森」で本屋大賞を受賞された作家さんの作品。 窓の向こうのガーシュウィン (集英社文庫) posted with ヨメレバ 宮下 奈都 集英社 2015-05-20 Amazon Kindle 楽天ブックス honto 内容(「BOOK」…

【読書感想】異次元は存在する(リサ・ランドール/若田光一)知らない世界がありそうとワクワクできる本

異次元は存在する(リサ・ランドール/若田光一) テレビ番組を編集した本。 5次元世界の理論を提唱してる物理学者に宇宙飛行士の若田光一さんがインタビューするという形式。 5次元世界は3次元世界の縦、横、高さに時間、そして5番目の次元方向への距離で表…

【読書感想】竹中平蔵さん著「経済古典は役に立つ」普通の人は雇われて働くんだなあと実感する本

竹中平蔵さん著「経済古典は役に立つ」 電子書籍化されてる。 経済古典は役に立つ (光文社新書) posted with ヨメレバ 竹中平蔵 光文社 2010-11-17 Amazon Kindle 楽天ブックス honto 竹中平蔵さんの持論ではなく、過去から現在までの著名な経済学者の考えを…

【読書感想】村上龍さん著「55歳からのハローライフ」仕事が見つからなくて孤独感にさいなまれる中で、再出発の芽吹きを感じる本

村上龍さん著「55歳からのハローライフ」 55歳からのハローライフ (幻冬舎文庫) posted with ヨメレバ 村上 龍 幻冬舎 2014-04-10 Amazon 楽天ブックス honto 内容(ウィキペディアより) 『55歳からのハローライフ』(55さいからのハローライフ)は村上龍の…

【読書感想】本谷有希子さん著「ぬるい毒」メンヘラM女が痛々しい…でも人生あきらめてないから応援したくなった

本谷有希子さん著「ぬるい毒」 電子書籍化されている。 こないだ「異類婚姻譚」という作品で芥川賞を受賞した作家さんの作品。 ぬるい毒 posted with ヨメレバ 本谷 有希子 新潮社 2011-06 Amazon Kindle 楽天ブックス honto メンヘラ気味でMの傾向がある若…

【読書感想】西加奈子さん著「円卓」凡人になりたくなかった小学生の頃がとってもなつかしい

西加奈子さん著「円卓」 円卓 (文春文庫) posted with ヨメレバ 西 加奈子 文藝春秋 2013-10-10 Amazon 楽天ブックス honto 思春期前の子どもの心情を、関西弁で鮮やかに描いた作品。 主人公は小学3年生の女の子。 他人の言動や行動を見てすぐ「凡人が!」と…

【読書感想】嫌われる勇気(岸見 一郎/古賀 史健)つらいときに「そうじゃない」と我に返らせてくれる本

嫌われる勇気(岸見 一郎/古賀 史健) 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え posted with ヨメレバ 岸見 一郎,古賀 史健 ダイヤモンド社 2013-12-13 Amazon Kindle 楽天ブックス honto だいぶ前に電子書籍で買って何度か読み返している。アドラ…

【読書感想】西加奈子さん著「しずく」大人になってしまった切なさを描いた、だけどしんどくない読後感の短編集

西加奈子さん著「しずく」 しずく (光文社文庫) posted with ヨメレバ 西 加奈子 光文社 2010-01-13 Amazon 楽天ブックス honto 以下6つの話が入った短編集 1. ランドセル 2. 灰皿 3. 木蓮 4. 影 5. しずく 6.シャワーキャップ 全部おもしろかった。 純文学…

【読書感想】堀江貴文さん著「ゼロ」若くなくても人生これから!と思わせてくれる本

堀江貴文さん著「ゼロ」 ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく posted with ヨメレバ 堀江 貴文 ダイヤモンド社 2013-11-01 Amazon Kindle 楽天ブックス honto 内容紹介(Amazonより) 誰もが最初は「ゼロ」からスタートする。 失敗しても、またゼ…

【読書感想】原田マハさん著「小説 星守る犬」終始ウルウルしながら読める、幸せとは何なのかを描いた作品

原田マハさん著「小説 星守る犬」 電子書籍はKindleとhontoで出てる。 小説 星守る犬 posted with ヨメレバ 原田 マハ 双葉社 2011-06-01 Amazon Kindle 楽天ブックス honto 原作は漫画。映画化もされている。 ぼくは漫画も映画も知らずの状態からこの小説を…

【読書感想】福岡伸一さん著「生物と無生物のあいだ 」ぼくたち生物は常に入れ替わってることを教えてくれる本

福岡伸一さん著「生物と無生物のあいだ 」 発売当時はけっこう売れた本みたい。帯に40万部突破って書いてあった。 電子書籍は今のところない。 生物と無生物のあいだ (講談社現代新書) posted with ヨメレバ 福岡 伸一 講談社 2007-05-18 Amazon 楽天ブック…

【読書感想】伊坂幸太郎さん著「フィッシュストーリー」(短編集)

伊坂幸太郎さん著「フィッシュストーリー」 電子書籍はKindleだけある。 フィッシュストーリー (新潮文庫) posted with ヨメレバ 伊坂 幸太郎 新潮社 2009-11-28 Amazon Kindle 楽天ブックス honto 以下の4作品が入った短編集 1. 動物園のエンジン 2. サクリ…

【読書感想】ダニエル カーネマン著「ファスト&スロー」ブログ書く人も書かない人も読んで損はない心理学&経済学の本

ダニエル カーネマン著「ファスト&スロー」 電子書籍はKindleとhontoで出てる。 ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) posted with ヨメレバ ダニエル・カーネマン 早川書房 2014-06-20 Amazon Kindle …

【読書感想】中村文則さん著「世界の果て」(短編集)暗くてしんどい世界だけどなぜか元気づけられる

中村文則さん著「世界の果て」 世界の果て (文春文庫) posted with ヨメレバ 中村 文則 文藝春秋 2013-01-04 Amazon 楽天ブックス honto 内容(「BOOK」データベースより) 部屋に戻ると、見知らぬ犬が死んでいた―。「僕」は大きな犬の死体を自転車のカゴに…

【読書感想】原田マハさん著「永遠をさがしに」ウルウルしっぱなし…お外で読んだらあかんやつ…最高におもしろい!

原田マハさん著「永遠をさがしに」 最近文庫化された。電子書籍は今のところない。 永遠をさがしに (河出文庫) posted with ヨメレバ 原田 マハ 河出書房新社 2016-02-05 Amazon 楽天ブックス honto 内容(「BOOK」データベースより) 「響き合う幸せを、音…

【読書感想】増田寛也さん編著「地方消滅 ー 東京一極集中が招く人口急減」他人事じゃない人口変動とその影響が実感できる本

増田寛也さん編著「地方消滅」 第8回新書大賞受賞作。電子書籍化されている。 短い本なのでサクッと読める。 地方消滅 - 東京一極集中が招く人口急減 (中公新書) posted with ヨメレバ 増田 寛也 中央公論新社 2014-08-22 Amazon Kindle 楽天ブックス honto…

【読書感想】西加奈子さん著「こうふく みどりの」女性たちが不幸の上につくりだす幸福な場所、幸福はつくるものなんだと感じさせてくれる作品

西加奈子さん著「こうふく みどりの」 こうふく みどりの (小学館文庫) posted with ヨメレバ 西 加奈子 小学館 2011-04-06 Amazon 楽天ブックス honto 短めの長編小説。一気に読める。 14歳の少女を主人公にした青春文学と思いきや…ちょっと違う。というか…

【読書感想】木皿泉さん著「昨夜のカレー、明日のパン」変わることに対してそっと背中を押してくれる心地いい小説

木皿泉さん著「昨夜のカレー、明日のパン」 最近文庫化されて、電子書籍もある。 ドラマ化もされたし、マンガ化もされている。 昨夜のカレー、明日のパン (河出文庫) posted with ヨメレバ 木皿 泉 河出書房新社 2016-01-07 Amazon Kindle 楽天ブックス hont…

【読書感想】ミシェル・ウェルベック「プラットフォーム」お金があってもなくても苦しい…成熟した資本主義社会での一般人の生きづらさがこれでもかと描かれている作品

ミシェル・ウェルベック「プラットフォーム」 フランス文学。2001年刊行。日本では2002年初版。 最近文庫化、電子書籍化されてる。 Kindle、楽天、honto、3つとも電子書籍がある。 プラットフォーム (河出文庫) posted with ヨメレバ ミシェル ウエルベック …

【読書感想】「生物はなぜ誕生したのか: 生命の起源と進化の最新科学」まるでSF小説のようなワクワク感!

「生物はなぜ誕生したのか: 生命の起源と進化の最新科学」 ピーター ウォード,ジョゼフ カーシュヴィンク著 生物はなぜ誕生したのか: 生命の起源と進化の最新科学 posted with ヨメレバ ピーター ウォード,ジョゼフ カーシュヴィンク 河出書房新社 2016-01-1…

【読書感想】西加奈子さん著「舞台」恥ずかしいと思ってしまうのは自意識のせい、このやっかいな自意識に苦しむ人間のサガを描いた作品

西加奈子さん著「舞台」 舞台 posted with ヨメレバ 西 加奈子 講談社 2014-01-10 Amazon 楽天ブックス honto 内容(「BOOK」データベースより) 29歳の葉太はある目的のためにニューヨークを訪れる。初めての一人旅、初めての海外に、ガイドブックを暗記し…

【読書感想】小川洋子さん著「妊娠カレンダー」(芥川賞)に入っている別の作品「ドミトリイ」がホラー要素があってめちゃくちゃおもしろい

小川洋子さん著「妊娠カレンダー」 表題作の短編「妊娠カレンダー」が芥川賞受賞作。 それ以外に短編2つ「ドミトリイ」「夕暮れの給食室と雨のプール」が入っている。 Kindle、楽天、honto、3つとも電子書籍がある。 妊娠カレンダー (文春文庫) posted with …

【読書感想】西加奈子さん著「あおい」二股恋愛、妊娠、アルバイトバイトのバックレなど…人間の不安定さや矛盾をアリアリと感じさせてくれる作品

西加奈子さんのデビュー作「あおい」 あおい (小学館文庫) posted with ヨメレバ 西 加奈子 小学館 2007-06-06 Amazon 楽天ブックス honto 短編というか中編というボリュームで、サクサク読める純文学。 二股恋愛、妊娠、アルバイトのバックレなど、描かれて…

【読書感想】ミシェル・ウェルベック「地図と領土」死ぬってどういうこと?資本主義ってどういうこと?をこれでもかと描いた作品

ミシェル・ウェルベック「地図と領土」 フランスの文学賞「ゴンクール賞」受賞作 地図と領土 (単行本) posted with ヨメレバ ミシェル ウエルベック 筑摩書房 2013-11-25 Amazon 楽天ブックス honto ミシェル・ウェルベックの「ある島の可能性」と「素粒子」…

【読書感想】小池真理子さん著「二重生活」不倫や浮気だらけの世界。疑いだすと生きるのがしんどくなることをまざまざと知らしめてくれる作品。

小池真理子さん著「二重生活」 文庫版出てる。電子書籍はkindleだけある。 映画化されて今年の6月25日に公開予定とのこと。 二重生活 posted with ヨメレバ 小池 真理子 角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-06-28 Amazon Kindle 楽天ブックス honto …

【読書感想】小川洋子さん著「博士の愛した数式」(本屋大賞受賞作)母子家庭や障害という不幸の中での、全然不幸じゃない素敵なコミュニケーション

小川洋子さんの代表作「博士の愛した数式」 第55回(2003年) 讀賣文学賞小説賞受賞 第1回(2004年) 本屋大賞受賞 電子書籍化されている。 映画化もされている。 博士の愛した数式 (新潮文庫) posted with ヨメレバ 小川 洋子 新潮社 2005-11-26 Amazon Kin…

【読書感想】小川洋子さん著「いつも彼らはどこかに」ひっそりつつましく生きる人間や言葉を超えた心の通じ合いなどを描いた、美しくて心温まる短編集

小川洋子さん著「いつも彼らはどこかに」 最近(昨年末)文庫化された。電子書籍はkindleだけある。 いつも彼らはどこかに (新潮文庫) posted with ヨメレバ 小川 洋子 新潮社 2015-12-23 Amazon Kindle 楽天ブックス honto 動物をキーにした8つの短編集。 1…

【読書感想】ミシェル・ウエルベック著「素粒子」人間はなぜ幸せになれず苦しむのか?が描かれているすごくおもしろいSF長編小説

ミシェル・ウエルベック著「素粒子」 素粒子 (ちくま文庫) posted with ヨメレバ ミシェル ウエルベック 筑摩書房 2006-01 Amazon Kindle 楽天ブックス honto ミシェル・ウエルペック著「ある島の可能性」を個人ブログで知り、読んでみてあまりにもおもしろ…

【読書感想】上田岳弘さん著「太陽・惑星」(新潮新人賞受賞作)おもしろいプラス不思議な力を持ったSF文学

上田岳弘さん著「太陽・惑星」 新潮新人賞受賞作 三島由紀夫賞候補作 太陽・惑星 posted with ヨメレバ 上田 岳弘 新潮社 2014-11-27 Amazon Kindle 楽天ブックス honto こちらのブログで知り、読みたくなった。早速読んでみた。 tojikoji.hatenablog.com 新…

【読書感想】本谷有希子さん著「異類婚姻譚」(芥川賞受賞作)苦しみから逃れたいと切に願う人間のありようを描いていて、とても共感できた

本谷有希子さん著「異類婚姻譚」 つい最近の芥川賞受賞作 異類婚姻譚 posted with ヨメレバ 本谷 有希子 講談社 2016-01-21 Amazon Kindle 楽天ブックス honto シンプルな文章でとっても読みやすい作品。だけど内容というかテーマはしんどい。 夫婦の顔がだ…

【読書感想】本谷有希子さん著「生きてるだけで、愛。」(芥川賞候補作)等身大のメンヘラ女子のつらさが痛々しいけど、その中での救いを味わえる

本谷有希子(もとやゆきこ)さん著 「生きてるだけで、愛。」(芥川賞候補作) 生きてるだけで、愛。 (新潮文庫) posted with ヨメレバ 本谷 有希子 新潮社 2009-03-02 Amazon 楽天ブックス honto 本谷有希子さんは、つい最近「異類婚姻譚」 という作品で芥…

【読書感想】阿刀田高さん著「新約聖書を知っていますか」知ってたほうが人生楽しめるし、ヨーロッパ旅行や美術鑑賞も楽しめる

阿刀田高さん著「新約聖書を知っていますか」 新約聖書を知っていますか (新潮文庫) posted with ヨメレバ 阿刀田 高 新潮社 1996-11-29 Amazon Kindle 楽天ブックス honto ぼくは無宗教で、聖書に関する知識も全然ない。先に同じ著者が書いた「旧約聖書を知…

【読書感想】西加奈子さん著「ふる」イジられキャラと、イジられキャラ好きな人必読!? ぼくが女性ならこの本もっと楽しめたのに…

西加奈子さん著「ふる」 ふる (河出文庫) posted with ヨメレバ 西 加奈子 河出書房新社 2015-11-06 Amazon 楽天ブックス honto おもしろかった。そしておもしろさを味わいきれていない自分が悔しい。 この本を読むにあたっては、自分が男性であることが残念…

【読書感想】湊かなえさん著「望郷」短編6つ全部おもしろいってどういうことよ?電車降りそこねたわ(日本推理作家協会賞(短編部門)受賞作)

湊かなえさん著「望郷」(短編集 6作品) 収録作品の1つ「海の星」は日本推理作家協会賞(短編部門)受賞作 望郷 (文春文庫) posted with ヨメレバ 湊 かなえ 文藝春秋 2016-01-04 Amazon 楽天ブックス honto 最近文庫化された作品。 おもしろすぎるんですけど…

【読書感想】戸田山和久さん著「哲学入門」行き詰まってるぼくに勇気と安心をくれて、偏見をなくしてくれた

これまでなんとなく手を出しづらかった哲学。手を出してみた。 戸田山和久さん著「哲学入門」 電子書籍も出てる。 哲学入門 (ちくま新書) posted with ヨメレバ 戸田山 和久 筑摩書房 2014-03-05 Amazon Kindle 楽天ブックス honto どんなことが書いてあるか…